mcpaintanddesign:

Baked Stuffed Zucchini

 

Every year I plant two zucchini and two summer squash plants and every year I get nothing but the start of a little tiny squash that get attacked by powdery mildew or some other veg rotting fungus. Well not this year my friends, I found this 10 inch beauty hiding in my zucchini patch, so exciting. To celebrate my garden achievement I am taking my first home grown zucchini and making baked stuffed zucchini.

 

1 big zucchini, cut in half length wise, seeds removed

1 tsp olive oil

Salt & pepper

 

1 tbs olive oil

½ onion chopped

½ red pepper chopped

1 Serrano pepper chopped

6 mushrooms chopped

1 clove garlic chopped

1 cup cooked rice

1 tbs tomato paste

¼ cup grated habanero cheddar cheese

¼ cup white vermouth

¼ cup panko bread crumbs

Salt & pepper

 

Panko bread crumbs

Olive oil

Parmesan cheese

 

Preheat oven to 375°

 

Take the 2 zucchini halves drizzle with olive oil, sprinkle with salt and pepper and place in microwave and cook for 2-3 minutes until slightly soften. Set aside.

 

Heat a large skillet over medium high heat, add olive onions and peppers and sauté until softened, add mushrooms and garlic, sauté until mushrooms are cooked. Add cooked rice, stir to combine, add tomato paste, stir to coat rice, add cheese, stir until melted in, and add vermouth, stir scraping up brown bits in bottom of skillet and all the liquid has been absorbed. Stir in bread crumbs, add salt and pepper to taste. Remove from heat.

 

Place zucchini halves in an oven safe baking dish, fill halves with rice mixture, sprinkle with bread crumbs, drizzle with a lithe olive oil and sprinkle on parmesan cheese, salt and Pepper.

 

Pour ¼ inch of water into the bottom baking dish, spray a sheet of aluminum foil with a non stick cooking spray, cover baking dish with foil and place in the oven to bake for 20 minutes, remove foil and continue baking for another 15 minutes or until the panko topping has browned.

 

This is really yummy. A big boat of ricey, veggy, cheesy goodness with a crusty outer coating.

Hope I find some others in my squash patch.

光市母子殺害事件で妻と子供を失った本村洋さんが一時の気の迷いから勤務先の新日鐵を退社しようと思い立ち辞表を書いた時に上司は次のように述べたという。

『君はこの職場にいる限り私の部下だ。そのあいだ、私は君を守ることができる。裁判はいつかは終わる。一生かかるわけじゃない。その先をどうやって生きていくんだ。君が辞めた瞬間から私は君を守れなくなる。新日鐵という会社には君を置いておくだけのキャパシティはある。勤務地も色々ある。亡くなった奥さんも、ご両親も、君が仕事を続けながら裁判を見守ってゆくことを望んでおられるじゃないのか』

また、次のようにも述べた。
『この職場で働くのが嫌なら辞めてもよい。君は特別な体験をした。社会に対して訴えたいこともあるだろう。でも、君は社会人として発言していってくれ。労働も納税もしない人間が社会に訴えても、それはただの負け犬の遠吠えだ。君は社会人になりなさい』

【なぜ君は絶望と闘えたのか?本村洋の3300日 門田隆将著】

新日鐵に勤務する本村洋さんの上司の言葉

言葉が出ない。

(via takakazu) すごいなー。なかなかこうはいえない

(via masanork)

(via amiens2009)

ある大学でこんな授業があったという。
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」
そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう

mcpaintanddesign:

Baked Stuffed Zucchini

 

Every year I plant two zucchini and two summer squash plants and every year I get nothing but the start of a little tiny squash that get attacked by powdery mildew or some other veg rotting fungus. Well not this year my friends, I found this 10 inch beauty hiding in my zucchini patch, so exciting. To celebrate my garden achievement I am taking my first home grown zucchini and making baked stuffed zucchini.

 

1 big zucchini, cut in half length wise, seeds removed

1 tsp olive oil

Salt & pepper

 

1 tbs olive oil

½ onion chopped

½ red pepper chopped

1 Serrano pepper chopped

6 mushrooms chopped

1 clove garlic chopped

1 cup cooked rice

1 tbs tomato paste

¼ cup grated habanero cheddar cheese

¼ cup white vermouth

¼ cup panko bread crumbs

Salt & pepper

 

Panko bread crumbs

Olive oil

Parmesan cheese

 

Preheat oven to 375°

 

Take the 2 zucchini halves drizzle with olive oil, sprinkle with salt and pepper and place in microwave and cook for 2-3 minutes until slightly soften. Set aside.

 

Heat a large skillet over medium high heat, add olive onions and peppers and sauté until softened, add mushrooms and garlic, sauté until mushrooms are cooked. Add cooked rice, stir to combine, add tomato paste, stir to coat rice, add cheese, stir until melted in, and add vermouth, stir scraping up brown bits in bottom of skillet and all the liquid has been absorbed. Stir in bread crumbs, add salt and pepper to taste. Remove from heat.

 

Place zucchini halves in an oven safe baking dish, fill halves with rice mixture, sprinkle with bread crumbs, drizzle with a lithe olive oil and sprinkle on parmesan cheese, salt and Pepper.

 

Pour ¼ inch of water into the bottom baking dish, spray a sheet of aluminum foil with a non stick cooking spray, cover baking dish with foil and place in the oven to bake for 20 minutes, remove foil and continue baking for another 15 minutes or until the panko topping has browned.

 

This is really yummy. A big boat of ricey, veggy, cheesy goodness with a crusty outer coating.

Hope I find some others in my squash patch.

光市母子殺害事件で妻と子供を失った本村洋さんが一時の気の迷いから勤務先の新日鐵を退社しようと思い立ち辞表を書いた時に上司は次のように述べたという。

『君はこの職場にいる限り私の部下だ。そのあいだ、私は君を守ることができる。裁判はいつかは終わる。一生かかるわけじゃない。その先をどうやって生きていくんだ。君が辞めた瞬間から私は君を守れなくなる。新日鐵という会社には君を置いておくだけのキャパシティはある。勤務地も色々ある。亡くなった奥さんも、ご両親も、君が仕事を続けながら裁判を見守ってゆくことを望んでおられるじゃないのか』

また、次のようにも述べた。
『この職場で働くのが嫌なら辞めてもよい。君は特別な体験をした。社会に対して訴えたいこともあるだろう。でも、君は社会人として発言していってくれ。労働も納税もしない人間が社会に訴えても、それはただの負け犬の遠吠えだ。君は社会人になりなさい』

【なぜ君は絶望と闘えたのか?本村洋の3300日 門田隆将著】

新日鐵に勤務する本村洋さんの上司の言葉

言葉が出ない。

(via takakazu) すごいなー。なかなかこうはいえない

(via masanork)

(via amiens2009)

ある大学でこんな授業があったという。
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」
そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう
"

光市母子殺害事件で妻と子供を失った本村洋さんが一時の気の迷いから勤務先の新日鐵を退社しようと思い立ち辞表を書いた時に上司は次のように述べたという。

『君はこの職場にいる限り私の部下だ。そのあいだ、私は君を守ることができる。裁判はいつかは終わる。一生かかるわけじゃない。その先をどうやって生きていくんだ。君が辞めた瞬間から私は君を守れなくなる。新日鐵という会社には君を置いておくだけのキャパシティはある。勤務地も色々ある。亡くなった奥さんも、ご両親も、君が仕事を続けながら裁判を見守ってゆくことを望んでおられるじゃないのか』

また、次のようにも述べた。
『この職場で働くのが嫌なら辞めてもよい。君は特別な体験をした。社会に対して訴えたいこともあるだろう。でも、君は社会人として発言していってくれ。労働も納税もしない人間が社会に訴えても、それはただの負け犬の遠吠えだ。君は社会人になりなさい』

【なぜ君は絶望と闘えたのか?本村洋の3300日 門田隆将著】

"
"ある大学でこんな授業があったという。
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」
そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう"

About:

Following: